ウェビナーとは

売れるウェビナーを作るには・・・

ウェビナーを活用する主なメリット

簡単に対象のマーケットを拡大できます

ウェビナーを実行することにより多くのメリットがあります。
まず第一に、マーケットそのものが拡大することがあげられます。
インターネットを使うメリットは、商圏が広がることを意味します。
近くの市町村のみならず、全国47都道府県、それから世界に対し重要な情報発信ができます。
セミナーは面と向かって目前の人限定に情報発信できる訳ですが、ウェビナーは違ってくるのです。
あらゆる国の方達に情報を送り届けることができます。

媒体が拡大することにより拡散できます

セミナーは、会場を借りて、その場限りの一時的なものになります。
それに対し、ウェビナーは、インターネットを経由してありとあらゆる媒体を活用して放映することが可能です。
ひとつの例としてユーチューブなどの動画です。
こうした動画配信サービスに関しては、動画のコードを貼ることができます。
その結果、ありとあらゆるブログ、或いはウェブサイトに転載できます。
近頃ではFacebookでもライブ配信が望めるようになり、動画をありとあらゆる媒体で活用することが出来るようになりっています。

ウェビナーは労力が掛かりません

ウェビナーは、セミナーと比べて費用を抑えられます。
セミナー会場を借り入れれば料金が必要になります。
備品を借りれば一段と料金は高くなります。
とりわけ東京、あるいは大阪といった都市部のセミナー会場は高くなっています。
セミナーを実施するケースでは、まず第一に会場に見積もりを出してもらい、個別に比較し選定することになります。
その他に、集客もして電話対応したりと行うことは数多くあります。
そういったところ、ウェビナーは労力がかかりません。
PDFといった資料につきましては、ウェブにアップロードすればいいですし、配信しているページをリンクを利用することによって送るだけで済みます。
ウェビナーは、現実的に声、あるいは姿を動画を活用することによって視聴者サイドに配信することで、信頼感を供することが実現できます。
視聴者サイドは、配信サイドの会社組織や人が信頼に値するか否かを見極める材料にすることが可能です。
その結果配信する時は、話ししている中身が分かりづらいなどのイメージが伝わると、信頼性を失うリスクもあるので注意が要ります。
そして、信頼感を確保すると、電話での問い合わせなどがあります。
参加している人と関与することにより、視聴者サイドの疑問点をクリアすることができるので、プロフェッショナルとして認識してもらえます。

人気記事ランキング